光通信について

光通信について

光通信は光を利用して、情報を伝達するシステムです。光は鏡に映すと、反射して、反射した方へ進む特性があります。これを利用して、伝達するのが、いわゆる光通信の機構です。

基本的に、パーソナルコンピューターや携帯電話における情報発信は、「0と1」の羅列の電気信号で行っています。光通信は、その「0と1」の羅列の電気信号を光信号に変換させる役割を持ちます。「0と1」の羅列の電気信号を光信号に変換させる機器を、「送信器」と呼びます。反対に、光信号から、電気信号に変換させる機器を、「受信器」と呼びます。そして、その「送信器」と「受信器」の橋渡し……伝送路を「光ファイバー」と呼ぶのです。

光通信は最強の通信方式であり、従来の通信方式よりもずっと効率的です。たとえば、長距離かつ、経済的な通信が可能になるメリットがあります。従来の電気通信では、100メートルごとに信号を調整しなければなりませんが、光通信ならば、100メートルどころではなく、100キロメートル以上で調整することもできるので、非常に経済的なシステムなのです。

昔は、人工衛星を経由していましたから、情報が遅滞することも珍しくありませんでした。光通信なら、そういった遅滞をほぼなくすことに成功しています。

    Copyright(C) 光通信ガイド All Rights Reserved.