どのように使われているか

どのように使われているか

光通信は、身近なところにおいても使用されており、さらにそこから世界へと広がっています。光通信は通信技術ですから、通信をする機器には大抵利用されています。インターネットや携帯電話、IP電話など、これらはネットワークを利用して使用します。そして、ネットワークを構築するには、相互通信をすることが必要なのです。インターネットや携帯電話、IP電話などは、身近な地域はもちろん、世界中に発信・受信することも可能です。

インターネットや携帯電話、IP電話を利用すると、信号が発信されます。その信号は、まず最寄の通信業者の基地局、またはプロバイダー(インターネット接続サービスを行っている業者)に集められます。そこから、目的の場所に向かって、信号が送られ、受信側に情報が送られるのです。

海外へと信号を送る場合は、光ファイバーの海底ケーブルを経由して行います。昔はいちいち、宇宙にある人工衛星を経由しなければならなかったので、信号が送りにくかったのですが、今では光ファイバーの海底ケーブルを経由することで通信ができるようになったので、快適です。海外への通信も、国内における通信のように、安定したものになりました。光通信は、ネットワークに幅広く利用されています。
 

    Copyright(C) 光通信ガイド All Rights Reserved.