光の増幅

光の増幅

スコットランド生まれの発明家の実験をもとに、光通信のメカニズムが構築されていきました。しかし、光の点滅を利用しようという段階になって、問題点が出てきました。1つは、光が光源を離れると、徐々に分散していき、ある程度の距離まで行くと、見えなくなってしまうことです。そういった、距離を進んでいくうちに起こる光の劣化をどうにかしなければなりませんでした。

もう1つは、光の信号として発信させる光源がなければならないことです。光の点滅によって情報を送受信し、それによる安定した通信を実現するには、特別な光源装置が必要になります。また、高速通信を実現するために、光の点滅を高速に行えなければ、実用的とはいえません。

この2つが大きな問題となって立ちはだかりましたが、光ファイバーと半導体レーザー光源の発明により、解決されました。電気信号を半導体レーザー光源の点滅による光信号に変換し、光ファイバーを伝送路にして送信し、今度は光信号から電気信号に変換して戻し、受信するというものでした。

また、光ファイバーにおいても、距離を進んでいくうちに起こる光の劣化の問題はありましたが、光を増幅させる中継ポイントを置くことで、これも解決したのです。

    管理人のお奨めインフォメーション

  • これからホームページを作りたいと考えている人たちに対して、経営戦略から提案をしてくれる福岡でホームページ制作を行なっている業者を探しているなら、豊富な実績からアクセスを伸ばす施策なども提案してくれるのでオススメです。

Copyright(C) 光通信ガイド All Rights Reserved.