光通信のなりたち

光通信のなりたち

光通信は、どんどんと日本でも発達を見せる通信システムです。しかし、その仕組みについては、あまり一般的に知られていません。光通信についての知識を深めることで、より便利な利用法が可能になると思います。

光通信を世界ではじめて行ったのは、スコットランド生まれの発明家でした。この発明家は、なんと世界ではじめて電話を発明した人でした。この発明家の実験は、音声で空気を振動させ、鏡を揺らすことで、光の強弱を作り、さらにそれを電気に変換させるというものでした。変換させた電気は、スピーカーに送られ、音が鳴れば成功です。実験は成功し、光を利用してスピーカーが鳴らせることを証明したのです。

どうして光からスピーカーが鳴らせるかというと、まず音声で空気を振動させ、鏡を揺らします。鏡が揺れると、反射光がちらつき、光の明るさが変化します。そこで、光電変換というものにより、光を電気に変換させるのです。光電変換は、光をある特定の物質に照射することで、電気が生まれる現象を指します。そして、その変換させた電気をエネルギーにして、スピーカーを鳴らすことができたのです。

この実験では、光の強弱を利用して電気を作りましたが、光通信においては、光の点滅を利用して情報を送受信しています。
 

    Copyright(C) 光通信ガイド All Rights Reserved.